PAGE TOP

ウィーナーズカップ選手紹介

共同通信社杯

共同通信社杯

主な出場予定選手

ウィナーズカップ

実績で上回るS級S班が優勝争いの中心となるが、若手機動型が大挙参戦して激戦必至の様相となりそう。現在の競輪界を席巻しているのは中四国勢。その核となるのは清水裕友、松浦悠士のS班コンビ。昨年の競輪祭でワンツーを決めて更に勢いは加速。結束力を強めお互いを高め合う両者が新たな競輪界のゴールデンコンビへと飛躍へ。原田研太朗、太田竜馬にヤングGP覇者の松本貴治と四国勢も強力な自力型を備える。渡部哲男がラインを固めて。中川誠一郎は中四国勢との西連係が増えている近況。井上昌己、園田匠の決め脚も健在で好位でためれば浮上。GP王者として登場は佐藤慎太郎。山崎芳仁、小松崎大地らとの連係から貫禄の立ち回りを披露する。大槻寛徳、守澤太志がライン戦から鋭脚を見せるか。総合力なら平原康多。相変わらずの安定感を見せて確実に優勝争いへと参戦。鈴木竜士、吉田拓矢の成長が頼もしく関東で結束なら有利な展開まで見込める。諸橋愛、木暮安由の攻めにも注目。新S班の郡司浩平を中心に南関勢の躍進は十分。和田健太郎、岩本俊介、山中秀将の千葉トリオが好調をキープ。新鋭の松井宏佑がスピード発揮でラインを牽引すれば更に楽しみが増す。地元地区の責任を背負うのは村上博幸。稲毛健太やホームの野原雅也と連係で意地の走りを。吉田敏洋、柴崎淳の中部コンビが一発を狙う。混戦の流れを誘えば台頭場面あり。

佐藤慎太郎選手

佐藤 慎太郎選手
(福島県)

久々にGPの舞台へ返り咲き頂点を射止めた。王者のユニフォームをまとい一級品の差し脚と的確な捌きを披露。

平原康多選手

平原 康多選手
(埼玉県)

競輪界のトップに君臨し続け常に優勝争いの中心に。展開に応じて立ち回る総合力で大崩れはなく、好勝負を展開。

郡司浩平選手

郡司 浩平選手
(神奈川県)

力強さが増し着実にパワーアップ。昨年は共同通信社杯を制しGPに初出場。自力自在に南関エースの本領を発揮。

村上博幸選手

村上 博幸選手
(京都府)

昨年は寬仁親王牌で久々のGⅠ制覇。トップクラスの決め脚は相変わらず。近畿の結束力を見せ付け見せ場を作る。

松浦悠士選手

松浦 悠士選手
(広島県)

競輪王に輝いてGⅠ覇者の仲間入り。念願のタイトルを獲得して更なる高みを目指す。全ての戦法がハイレベル。

清水裕友選手

清水 裕友選手
(山口県)

2年連続のGP出場で一気にトップスターの仲間入り。パワフルな走りで全日本選抜を制し初のGⅠタイトル獲得。

中川誠一郎選手

中川 誠一郎選手
(熊本県)

爆発的な捲り脚に勝負強さも兼備え昨年は全日本選抜と高松宮記念杯を制覇。競輪界をリードするスピードスター。

野原雅也選手

野原 雅也選手
(福井県)

名プレーヤーだった父・哲也氏の下で磨かれ素質が開花。持ち前のスピード全開の仕掛けで勝ちに拘る攻めをみせる。

 

ガールズケイリンコレクション

ガールズグランプリに匹敵するトップスターの激突。主役の走りを魅せるのはGGP二連覇の児玉碧衣。抜群のダッシュ力を活かした鋭い仕掛けが魅力。通常開催では後続を千切る走りで一着を量産中。昨年大垣のウィナーズでの小林優香の二着の雪辱を果す。高木真備が近走好調な走りをみせ自力自在に総合力上位の力を発揮する。今年岐阜戦では児玉相手に完全V走と勢いがある。石井貴子はGGP二年連続で児玉の二着。流れに応じて自力自在に走れるのは強味。鈴木美教と長澤彩は強烈な捲りに加えて自在戦もこなし勝負強さをみせる。梅川風子、尾崎睦もダッシュを活かした捲り一撃狙い虎視眈々。